読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさおがトビ

株式の取引をしたことがない人にとってはよく分からないことだらけに思えるのではないでしょうか。



どこの証券業者に口座を開いて投資を始めればいいのかなど、躊躇してしまうことが多いです。誰しもが利益を得られると思って株式投資を始めるわけですが、最終的に利益を出せる人はあまりいないでしょう。
株式投資をするにあたって、いくら値動きが激しいとはいえ、少ない出来高の小型株式へ投資をすることは、ベストとは言えません。理由を説明すると、日頃から出来高の少ない株式は、購入した銘柄を売却したい価格で売却することが難しいからです。私は、某企業の株主優待が受け取りたいために株式投資を始めたビギナーです。


ついに最近、株を購入したり、売却したりするのが楽しくなってきました。

企業が株主に与える優待制度も様々あって、その株式会社の製品がもらえたり、ショッピングでは割引になったりするので、どの会社の株式を買おうか悩んでしまいます。株の知識が乏しい者が初歩的な知識を学ぶためにやらなければならないことは、まずは本で株式投資について学び、評判の良い本を5冊以上読まなければならないと言えるでしょう。

株式投資についての本を五冊くらい読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は最重要すべきことだということが知ることができるからです。株を始めたばかりの人はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌がオススメしている推奨銘柄の中からよさそうな会社を選んで投資するといいでしょう。

こういった経験を繰り返して、徐々に知っている会社の数を増やしていって、自分で上がると思える銘柄を発掘することにつながるのだと思います。
株売買には現物株といった方法以外にもいろんな投資方法があります。
その中にはオプションがあります。これにはコールという買う権利とプットといった売る権利とがあって、各それぞれに売買ができ、これら4つのパターンの組み合わせによって、自由に投資戦法を組むことのできるデリバディブ投資となっているのです。かなり魅力のある投資の方法ではありますが、十分な知識が必要となってきます。
初めての株取引であるなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することをご提案します。



手間のかかる確定申告の作業や調べることにかける時間を短縮して、その代り、株式投資のための情報を調べることに労力を使うことができるからです。


株の投資を行う際には、単元の株ではなく、ミニ株式を買い入れる方法も有りえます。
単元株では投資金額が高額すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株でいくらかずつ購入する方法によっていっぺんに大金を用意しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。一発集中の投資を行う方には不必要に思われますが。
株や債権、海外投資など色々な投資をする際にはポートフォリオを重要視して投資の是非を決断すべきです。
投資において最も大切だと思うのは、リスク分散型の投資スタイルになりますからバランスの良い投資がポートフォリオで行われているかどうか、まめに確認作業をすることが必要でしょう。株式投資を行う人のほとんどは投資した株をどのタイミングで売り抜けるかという点に頭を悩ませるかもしれないです。でも、最も高いところで株式を売り抜くということはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの精神で売り抜けることができたならいいでしょう。